カートを見る
アイテム/個数:0/0
| 新規会員登録 | パスワードの再設定 ようこそゲスト様 | ログイン |
商品合計額:0円

ピエール・オテイザ フレッシュ キントア豚骨付肩ロース(皮無し) AOC

戻る
ピエール・オテイザ フレッシュ キントア豚骨付肩ロース(皮無し) AOC[110492]
冷蔵
  • 販売単位 単価 販売価格
    ユニット(1本) \9,690/kg 約\38,760(税別)
    入荷待ち(予約スケジュールをご確認ください。)
    [2024年04月23日]以降出荷:(入荷予定数は完売)
    [2024年05月01日]以降出荷:(入荷予定数は完売)
    [2024年05月09日]以降出荷:(入荷予定数は完売)
    [2024年05月14日]以降出荷:(入荷予定数は完売)
  • 当商品は「不定貫(商品の重量により価格を計算します)
  • 当商品は株式会社マームが販売、「株式会社マーム」が出荷します。
  • ご利用ガイド(商品ページの見方)
カスタマーレビュー(0件)

予約スケジュール148当商品は取り寄せで、ご予約が必要です。
基本的には予約がない限り入荷がありません。入荷スケジュールに従って出荷予定日が決定されます。
予約締切日:毎週金曜日 AM 9:00 → 出荷予定日:4週間後月曜日以降
※空輸される生鮮商品は、ご予約を頂いた場合であっても、何らかの問題により入荷量がショートしご希望にお応えできない場合がございます。その場合には該当する商品のご注文(予約)をキャンセルさせて頂くことがありますので予めご了承ください。
※生鮮商品は、なるべく鮮度の良い状態でお届けするために、入荷日に出荷手配させていただきます。ただし、通関や交通事情により遅れることがありますので、予めご留意ください。

ピエール・オテイザ フレッシュ キントア豚骨付肩ロース(皮無し) AOCの特徴



仕様

・バスク豚は、1929年にはその数138,000頭を数えていましたが、1981年には20頭ほどの牝豚とたった2頭の牡豚に激減し、絶滅の危機に瀕していました。オテイザ氏がこれをバスクに連れ帰り、国の種保護プログラムの協力も経て、復活への必死の努力が始まりました。バスク豚は戸外で生まれ、2ヶ月間は母親の乳を飲んで過ごします。その後は、12-14ヶ月になるまでピレネー山脈の野山をかけまわってすごします。栄養バランスを考え、シリアル、とうもろこし、大麦、豆などの穀物飼料を3s分与えたあとは、山中で栗やどんぐり、ぶなの実、季節ごとの果物など自然の恵みが彼らの糧となります。
12-15ヶ月で屠殺される頃には、体長1,4M、重量平均160kgになります。この大きさになると、肉質は風味豊かになり、美味しいバスクのシャルキュトリができあがります。これは、厳しい自然環境の中、病気も怪我もせず、ストレス無く健康に育った証であるとオテイザさんはいいます。生産量は年間7000頭。非常に希少価値のある豚です。


メーカー・生産者など

Pierre OTEIZAピエール・オテイザ

Pierre OTEIZA〜ピエール・オテイザ

・ピエール・オテイザは豚の飼育から生産までを行うシャルキュティエ(肉の加工職人)です。ペイバスクの中心であるバイヨンヌから60kmに位置するアルデュード村(人口350人)で農家の子として生まれ、現在も、ピレネーの山々に囲まれたアルデュードを拠点として活動しています。
彼が15歳の時、肉屋のCAP(職業教育修行) の為、ピエールは叔父のルイが営んでいる肉屋で見習いをするためパリへ上京しました。そこで5年間、彼は仕事を覚え資格を習得し、その修行を経てアルデュード村へ戻り、小さな家族経営の農家を始めました。
その活動を補う為、彼は近所の伝統的なシャルキュトリでも働きました。そして1987年、村の重要人物を説得し、妻であるカトリーヌと共に愛する故郷で事業を立ち上げる決意をしました。その時の豚、羊、ニジマス、チーズなどの地元の生産者達と共に仕事をするという彼の信念は今も変わりません。
起業したばかりの頃は、1つのアトリエの中で生ハムとサラミだけでしたが、ビン、缶詰製造を始め、アルデュー ドとサン・ジャン・ピエ・ド・ポーにブティックを構えました。こうしてピエールは3人の従業員と共に冒険を始めたのです。
1989年、ピエールはパリ農業博覧会(Salon de l’agriculture)で、後に彼の最高傑作となる、地元の豚の品種で、当時絶滅の危機にさらされていたle porc pie noir du pays Basque 、つまりバスク豚を発見します。ピエールは2頭のバスク豚を飼いました。地元のアルデュードへ連れて帰り、山での様子を観察し地元のバスク豚の飼育を復活させる事に意欲を燃やします。
1990年 数名の熱意に燃える農家と共にLe porc basque en Vallee des Aldudes (アルデュード渓谷バスク豚協会)を立ち上げます。
1992年、ピエール・オテイザはアトリエにヨーロッパの1つの規準であるCEE(ヨーロッパ経済共同体)の認可を得る為の投資をし、FR.64.016.001 CEを取得しました。従業員は8人に増えました。
1年後の1993年、社名をSARL Pierre OTEIZA (有限会社ピエール・オテイザ) と改め、ブティックをカプブルトン、オスゴール、アイノア、サン・ジャン・ド・リュズ、ボルドー 、パリに次々とオープン。その時期に平行して1999年から、ピエールと4人のバスクのシャルキュトリ職人で力を合わせ、2000年に le Sechoir Collectif de la Vallee des Aldudes (アルデュード渓谷共同熟成庫)を創設。3名の従業員を雇用し、レストラン、地元の農家、個人等のためにも生ハム作りを始めました。
2001年10月、SARL Pierre OTEIZA は従業員が30人以上を数えるようにまで成長しました。この頃から会社、生産者達は精肉、生ハムの商品保証するために、原産地名称権(A.O.C)の承認を得ようと決断。新しく2004年、SARL Pierre OTEIZA は施設をより現代的に増築する投資をし、2004年10月に完成。
2007年パリで認知を上げるため11月にブルバード サンミッシェルでブティックをオープンし、続いてビアリッツ にもブティックをオープンしました。
2008年8月、アルデュード渓谷共同熟成庫とサン・ジャン・ピエ・ド・ポーのト畜場に対し、日本向けの輸出許可を所得。それにより、豚肉の日本への輸出が可能になりました。フランスだけでなく日本のレストランへ生ハム、サラミ、精肉を輸出することが可能になったのです。
2010年ピエール・オテイザ社とバスク豚協会はAOC 所得への更なる働きかけとして、キントアの生ハムと精肉のロゴマークに王冠を付け加えました。
2016年8月17日、2つの原産地呼称統制(AOC)、Kintoa AOC (精肉)と Jambon du Kintoa AOC (生ハム)を正式に取得しました。
2017年10月、精肉のヨーロッパ規準の(l’AOP)を所得しました。
2019年1月、Jambon du Kintoa(生ハム)もA.O.P.を取得しました。今日では、SARL Pierre OTEIZA の従業員は60名になりました。そのうち、アルデュードで働くスタッフは48名です。


Pierre OTEIZA〜ピエール・オテイザ


お客様にはこちらの商品もおすすめです!
コレン ガリシア栗豚肩ロース
コレン ガリシア栗豚肩ロース
¥1980(税別)
チルド かごしま黒豚「さつま」バラ正肉
チルド かごしま黒豚「さつま」バラ正肉
¥2520(税別)
ピエール・オテイザ フレッシュ キントア豚バラ正肉(皮無し) AOC
ピエール・オテイザ フレッシュ キントア豚バラ正肉(皮無し) AOC
¥7060(税別)
[入荷不安定]かごしま黒豚「さつま」 ほほ肉 1kg
[入荷不安定]かごしま黒豚「さつま」 ほほ肉 1kg
¥1650(税別)
氷温熟成 アメリカンバークシャー黒豚ラック トマホーク/骨付き背肉
氷温熟成 アメリカンバークシャー黒豚ラック トマホーク/骨付き背肉
¥2640(税別)
[ケース販売]チルド 豊熟もち豚肩ロース
[ケース販売]チルド 豊熟もち豚肩ロース
¥1220(税別)
液体急速凍結 かごしま黒豚「さつま」肩ロース
液体急速凍結 かごしま黒豚「さつま」肩ロース
¥2430(税別)
フランス産豚肉の背脂スライス 約3kgシート巻き
フランス産豚肉の背脂スライス 約3kgシート巻き
¥2400(税別)